HOME>アーカイブ>宅配クリーニングが対象とする汚れの種類と対処方法

クリーニングと洗濯の違いは?

クリーニング(例、東京)は有機溶剤を用い、洗濯と比較して水を一切使いません。主に高級素材や水洗いに向かない衣服を対象とします。

汚れごとに処置方法は違います

衣服の黄ばみを防止する

長期保存の前に、クリーニングで完全に汚れを落とします。

染みがついてしまったら

繊維を傷めないように、専用の機器や薬品を使います。

油性成分による汚れ

クレンジングオイルなどで油成分を乳化します。

細菌やカビによる汚れ

エタノールや漂白剤などを用いて汚れを落とします。

デンプンや血液の汚れ

水で落としますが、色素が残るなら漂白剤を使います。

忙しい人にオススメ

受け渡し

忙しくて中々クリーニング店に足を運ぶことができないという場合、宅配クリーニングを利用してみるとよいでしょう。東京都内には専門店も多いので、利用もしやすいです。専用のボックスを利用して届けてくれるサービスもあるので便利です。

季節品にも対応

男性従業員

毛布やコートなど季節品に関しても宅配クリーニングを利用することによって、わざわざ店舗まで持ち込む必要もなくなります。クリーニング店が近くにない場合、毛布など持っていくことが困難なこともあるでしょう。宅配で対応をしてもらうことができるのであれば、手間も省くことができます。東京都内であれば、必要になる時期まで保管をしてくれるサービスも提供しているところがあるので、収納に困っているのであれば、預かりサービスを利用するとよいでしょう。

必要な時に利用

配達員

宅配クリーニングは必要な時に利用をすることができ、店舗に連絡をして取りに来てもらうことも可能になっているので、とても便利です。東京都内には対応をしている店舗も多いですし、独自のサービスを提供しているところもあるので、どこを利用するとよいのか、ということもチェックをすると便利でしょう。実際に利用をしたことがある人の口コミもチェックすることができるようになっているので、より安心をして利用をすることができます。